酢のメリットやデメリットとは?効果効能や栄養素、注意点ついて 

 

 

『あなたは酢を、使いますか?』

 

「酢のメリットや効果効能が知りたい」

「酢ってデメリットはないの?」

「酢は、どんな栄養素をもっているのか?」

 

この記事はそんな方へ向けて書いています。

 

酢と言えば、もずく酢かな!

仙道です。(Twitter@sendoublog)

 

ご覧くださり、ありがとうございます。

 

寿司や酢の物、酢漬けなどに使われる酢。

健康に良さそうというイメージは、誰にでもあるのではないでしょうか?

 

だだ、どんな効果やメリットがあるのかを知っている方は、少ないのかもしれません。

 

酢には、ダイエット効果や疲労回復効果などに役に立ちます。

 

そこで今回はその酢について、とことん迫っていきます!

 

まだあなたの、知らない情報があるかも?! 何かのきっかけになるかも?!

これを読んだあなたは、すぐに試したくなること間違いなし!

 

 

『あなたも酢の良さを、知ってみませんか?』

 

あなたの一助となれば幸いです。

それでは、ごゆっくりとご覧ください。

 

 

 酢のメリットや効果効能について

 

腸内環境を整えたり改善する効果

 

酢に含まれる酢酸には、腸内の悪玉菌の増殖を抑える効果があります。

 

また酢に含まれているグルコン酸は、善玉菌のエサとなります。

エサを食べた善玉菌は、活動が活発になり腸の血流を良くなる効果や、ぜん動運動を活発にする効果

ぜん動運動が活発になると腸内環境が良くなり便秘の解消や予防につながります。

 

また、活性酸素の発生を抑える効果もあり、疲れにくくストレスに対抗できる体にします。

 

 

ダイエット効果

 

酢に含まれる酢酸やアミノ酸、クエン酸は、ダイエット効果があります。

 

酢酸  ・・・・・  脂肪を蓄えるのを抑える効果

クエン酸  ・・・  体内の脂肪をエネルギーに変え、消費させる効果

アミノ酸  ・・・  脂肪の燃焼を促す効果

 

酢のダイエット効果を活用するのであれば、運動をする30分から1時間前に摂取すると、最も効果が出やすいとされています。

 

疲労回復やスタミナアップの効果

 

酢に含まれるクエン酸は、食べ物から活動するためのエネルギーをつくるのに役に立つ成分です。

酢を糖質やビタミンB1と一緒に摂れば、疲労回復やスタミナアップの効果

 

また酢に含まれるアミノ酸にも疲労回復の効果があります。

 

 血糖値の上昇を抑える効果

 

酢には血糖値の上昇を抑える働きがあります。

 

食事や間食で、食べ物が体の中に入ると血糖値が上がり、特に糖分が多い食べ物は急激に血糖値を上げてしまいます。

食べ物を食べる際に、酢を一緒に摂ることで血糖値の上昇を抑える効果を得れます。

 

また酢と玉ねぎを使った酢玉ねぎという料理があるのですが、血糖値を下げる効果があり、糖尿病の薬を飲まなくても良いほど、糖尿病を改善できた事例があるようです。

 

気になる方は、試してみると良いですね!

レビューも高評価の本ですので、確認してみてはいかがでしょうか?

 

酢タマネギでやせる!病気が治る! 高血圧、糖尿病を撃退する特効食

 

 

殺菌作用の効果

 

酢には殺菌作用があります。

大腸菌やサルモネラ菌など体に害を与える菌に対しても科学的に証明されているいます。

 

 

 酢のデメリットや注意点について

 

酢のメリットや効果効能が良いからと言って、酢を大量に摂ることはおススメしません。

 

何事も適度が1番です。

 

酢のデメリットについて

 

酢には酢酸(さくさん)と呼ばれる成分が含まれています。

酢酸は酸で、物を溶かす働きがあります。

 

歯を溶かしてしまう

酢酸を大量に摂取すると、歯の表面のエナメル質を溶かす可能性が出てきます。

エナメル質が溶けてしまうと、虫歯や知覚過敏の原因になります。

 

ただし一般的に、お酢が口の中に入ると唾液がたくさん出て酸が中和されてしまいます。

 

心配であれば、唾液が出にくい人や酢がきいている料理を食べた際には、口をゆすいでおくと安心ですね。

 

胃や腸をあらしてしまう

酢酸を大量に摂取すると、胃や腸内を刺激して荒らしてしまい胃痛の原因にもなります。

特に胃や腸が弱い方は、注意が必要ですね。

 

酢の注意点について

 

原液で飲まない

酢は、調味料です。

他の調味料を、原液で飲む事はありません。

ですので、酢を原液で飲む事はおススメしません。

 

もし酢を飲むのであれば、水や炭酸水で割って飲みましょう。

基本的には、料理の調味料として使うのをおススメします。

 

 

 酢の栄養素について

 

主な栄養成分を抜粋します。

 

穀物酢 100g当たり

・エネルギー   ・・・・・  25カロリー

・たんぱく質   ・・・・・  0.1g

・炭水化物   ・・・・・・  2.4g

・ナトリウム   ・・・・・  6mg

・カリウム   ・・・・・・  4mg

・カルシウム   ・・・・・  2mg

・マグネシウム   ・・・・  1mg

・リン   ・・・・・・・・  2mg

・亜鉛   ・・・・・・・・  0.1mg

・クロム   ・・・・・・・  1μg

・モリブデン   ・・・・・  1μg

・ビタミンB1   ・・・・  0.01mg

・ビタミンB2   ・・・・  0.01mg

・ナイアシン   ・・・・・  0.1mg

・ビタミンB6   ・・・・  0.01mg

・ビタミンB12   ・・・  0.1μg

・ビオチン   ・・・・・・  0.1μg

参考サイト : 文部科学省 日本食品標準成分表(7訂)

 

 

 酢について

 

酢は、酢酸を3%~5%程度含み酸味のある調味料の事を言い、穀物や果実を原料にした醸造酒を、酢酸菌で酢酸発酵して作られます。

日本農林規格(JAS)では、食酢と言われる。

 

酢の起源は古く、最古の発酵調味料とも言われています。

紀元前5000年頃の酢の記録や、紀元前4000年頃には、ワインやビールから酢を作りピクルスを漬けたとされる記録も発見されています。

 

日本には中国から伝わったとされ、5世紀には酢漬けや酢の物などの調理法で食されていたとされている。

調理をはじめ、殺菌、清掃、農耕でも使用されてきました。

 

余談ですが、海外のバルサミコ酢などは、数10年熟成させたものもあり、貴重価値がつくため、ワインみたいに高値で取引されています。

 

 

 酢の種類について

お酢の種類

 

黒酢

黒酢は、玄米や大麦を原材料にし、最低1年以上の時間をかけ発酵、熟成させるお酢です。

テレビのCMなどでも見かける有名な種類ですね。

 

リンゴ酢

リンゴ酢は、りんごを材料とし発酵、醸造したお酢です。

酸味成分が少なくフルーティーな味わいで飲みやすいのが特徴です。

 

バルサミコ酢

バルサミコ酢は、原料にブドウを使います。

熟成期間が長いほど、芳醇で豊かな味わいになっていきます。

 

柿酢

気を原料にしたお酢です。

柿酢には、2種類あり、一つは、お酢に下記を漬け込んで作るもの。

もう一つは、柿を発酵させて醸造した物

どちらも豊富な栄養を含みます。

柿を発酵させて醸造した方の柿酢は、黒酢の約3倍、カリウムが含まれています。

 

米酢

米を原料として作られるお酢です。

味わいは、まろやかで米の甘みやうま味、風味か感じられるお酢です。

 

酢酸を含まないお酢

 

酢酸を含まないお酢もあります。

酢酸から得れるメリットは少なくなってしまいますが、アミノ酸やクエン酸などを豊富に含んでいるため健康効果はもちろんあります。

 

もろみ酢

沖縄の泡盛をつくる際にでる、もろみを使って作られるお酢です。

お酢特有のツンとする匂いもなく、飲みやすいお酢です

 

梅酢

梅酢は、梅干しをつくる際にできます。

梅の栄養も含まれているお酢です。

 

 

おススメの酢の関連商品

 

おススメの酢

 

2013~2018年 6年連続モンドセレクション金賞受賞。

2017年には、1日10000本売れ大ヒットしたお酢の製品。

アマゾンや楽天のレビュー数も多く、評価が高い製品です。

爽やかな香り、優しい甘味、ツンとこないまろやかな味わい

お酢が苦手な方でも、この製品ならイメージが変わります。

ぜひ試してみてはいかがでしょうか?

 

おいしい酢 900ml

 

有機JAS認定の商品

内堀醸造株式会社の美濃有機玄米酢は、有機米や良質な水など、材料にこだわった製品です。

作り方も伝統製法で、行っています。

コクのあるうま味とまろやかな酸味が特徴。

アマゾンレビューも高評価で、「飲みやすい」、「安いだけのお酢には戻れない」というような意見が多数あります。

 

 

厳選素材の自然な風味を1度、味わってみてはいかがでしょうか?

 

 

 

酢を使ったおススメの料理の本

 

アマゾンのレビュー評価が高い本です。

作ってみたくなる料理がたくさんある料理本。

シンプルで手順が少ないのレシピが多く紹介されています。

ぜひ参考にしてみては、いかがでしょうか?

 

京都のお酢屋のお酢レシピ (アスキームック) [ 飯尾さとみ ]

 

 

酢に関するの本

 

酢についてもっと詳しく学びませんか?

アマゾンのレビュー評価が高い本です。

さらに酢のことをが詳しく知りたい方は、1度読んでみてはいかがでしょうか?

読みやすく分かりやすいなど、評判の良い本です。

 

醤油・味噌・酢はすごい – 三大発酵調味料と日本人 (中公新書)

 

 

 

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

ぜひ、これを機にあなたの食生活に、お酢を取り入れてみてはいかがでしょうか?

おいしい酢 900ml

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

 

それでは、この辺で。

 

以上、『酢のメリットやデメリットとは?効果効能や栄養素、注意点ついて』でした。

 

お役立ち情報
自己紹介
この記事を書いた人
仙道

 
せんどう と申します。

読者の方々のお役に立てる記事、何かのきっかけになるような記事を発信できるサイトにしていきたいです。

今後ともよろしくお願いします。

仙道をフォローする
 

記事のシェアをぜひ!よろしくお願いします。

仙道をフォローする
   

【熟成にんにく卵黄 黒の力】

30日間熟成の黒にんにくと、平飼い鶏の有精卵の卵黄で作られています。

全額返金制度がついているので、あなたも1度ためしてみませんか?

詳しくは、下の専門サイトへ!

仙道ブログ

 

 

ランキング参加中、ぜひ応援をよろしくお願いします!