ブログ筆者の飲酒歴!デビュー編!やっぱ勝負はこうでなくちゃいかん

 

 

 

『あなたは、お酒を飲みますか?』

 

 

この記事は、私、仙道(Twitter@sendoublog)の飲酒歴について書いています。

 

興味のない方は、別記事へいったほうが・・・。

 

ご覧くださり、ありがとうございます。

 

 

大人になれば、お酒を初めて飲むときが必ずあります。

もちろん、筆者にもありました。

 

今回はその仙道の飲酒歴について、とことん迫っていきます!!

 

まだあなたの、知らない情報があるかも?! 何かのきっかけになるかも?!

 

 

『あなたも、仙道の飲酒歴を知ってみませんか?』

 

あなたの一助となれば幸いです。

それでは、ごゆっくりとご覧ください。

 

 

 仙道の飲酒歴 デビュー編

 

ある夏の日・・・。

 

友人の誘われた、夜の集まり。

そこで飲んだ初めての酎ハイから、仙道の飲酒人生が始まります。

 

今までにない感覚。

数人で酒を飲み、楽しかった思い出となっています。

もちろん次の朝は、吐きました。

 

そのような感じでたまーに週末、集まって飲むくらい。

最初は、酎ハイだけでしたが、飲む回数を重ねるにつれ、少しだけビールも飲めるようになっていきました。

ですが、この時点では、ビールはおいしいとは感じていません。

 

酎ハイで吐きまくって便座の上で寝てしまったことも思い出の1つ。

場を盛り上げて、飲酒3時間で爆睡もよくしていました。

 

脱水症状も経験しました。

 

当時の感覚は、「酒を多く飲めたほうがかっこいい!」

「どうすれば酒を飲めるか?」と考えて1つの行動を起こします。

1日、ほぼ水分をとらずに、湯船で汗をかきその後飲酒。

 

 

最初は飲めました。

が、急に気分が悪くなりトイレに駆け込みます。

汗が吹き出し、手足が震えました。

このときは心底恐怖を感じましたが、一時的なもので大事に至りませんでした。

 

まねをする人はいないとは思いますが、一様、いいます。

くれぐれもマネしないように!!

 

良い経験だったか分かりませんが、これ以降、酒を飲む日は、日中、十分水分をとるようになりました。

 

この時期に、ピンクグレープフルーツ100%ジュースは、酒の分解を早くする事を知りよく飲んでいましたね。

 

関連記事もぜひどうぞ!

お酒の酔いを覚ます方法!6選!酔いを覚ます、水分と食べ物とは?
『あなたはお酒の酔いを早く覚ませたいと思ったことは、ありませんか?』 「お酒の酔いを早く覚ませる方法を、探している」 「お酒を飲んでいる最中にできる、酔い予防策を知りたい」 ...

 

 

土曜は飲み会、日曜は二日酔いでほぼ1日つぶれる・・・。

酒は飲みたくないと思いますが、週末になると誘われ飲んでしまう。

場の雰囲気も楽しかったからでしょう。

 

この時期は周りが酒を飲むから、自分も飲む感じでした。

酒は美味しく感じていたのかは??でしたが、場が楽しかったのでお酒=楽しいものとなってしまったのかもしれません。

 

 

 仙道の飲酒歴 焼酎、ビール編

 

まわりが焼酎をよく飲んでいたので焼酎を飲むようになる。

この時点では、焼酎水割り、グラス5杯前後で限界だったと思います。

 

よく一緒に飲んでいた友人の中では、弱い方でした。

もっとお酒に強くなりたいと思っていましたが、方法は思いつかず。

 

この時期に昼間に缶ビール1杯飲むと熟睡していました。

 

そんな中、都会からの刺客が現れます。

忘れもしません。

 

24歳の秋。

 

夜な夜な月を見ながら、ビールを飲んで初めてうまいと感じたことを。

 

彼は、バーでバイトをやっていた経験もあり、お酒に詳しい。

彼との再会が今後の私の飲酒人生を、変えていったのかもしれません。

 

まずは、ビール。

ただ苦いだけの飲み物と思って飲めなかった私が、麦の甘みや苦さが分かるようになってきました。

ベルギービールを飲んでみて、フルーティーと感じたり、新たな発見ばかりでしたね。

 

その後は、バーボン、スコッチ、ウォッカ、ジン、ラム酒など色々なお酒に出会い、飲み方も知っていきました。

 

この頃は、度数の高いお酒をストレートでも何とか飲める程度っだったと思います。

 

あとなぜか、私の場合、ワインや日本酒を飲むと次の日よく、頭痛になってしまう法則を見つけました。

あ、!これは、あくまでも私個人の体質ですからね。

 

 

 仙道の飲酒歴 ブランデー編

 

スコッチやバーボンが飲めるようになっていましたが、とても美味しいとは思っていません。

強い酒を飲んで鍛錬すれば、酒に強くなるそんな思いで飲んでいたんだと思います。

酒に強くなるために、強い酒を飲んで修行する、そんな感じ。

 

そして出会います。

 

ブランデーに!

 

そのころのブランデーの印象は、あまい酒、お菓子に使う酒、そんなところ。

まともに飲んだこともないので、試しに飲んでみるかというような感覚で購入。

そして、飲酒してみると、飲みやすい、美味いと思いました。

 

そこからは、ストレートでひたすら飲むようになります。

ゲームをしながら飲んだりしていました。

オンラインゲームで寝落ちも常習犯。

 

この勢いで、ウィスキーもストレートで飲むようになっていきました。

泡盛を始めて飲んだのもこの当時でしたね。

 

ちょっと寄り道!豆知識!

 

酒を飲むときは、ぜひチェイサーも一緒に飲みましょう。

チェイサーとは、水の事です。

酒の入ったグラスとは別に、水だけ入ったグラスも用意して一緒に飲むとよいですね

 

詳しくは関連記事へぜひどうぞ!

お酒の酔いを覚ます方法!6選!酔いを覚ます、水分と食べ物とは?
『あなたはお酒の酔いを早く覚ませたいと思ったことは、ありませんか?』 「お酒の酔いを早く覚ませる方法を、探している」 「お酒を飲んでいる最中にできる、酔い予防策を知りたい」 ...

 

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

仙道の20代の頃の飲酒の話です。

次回の記事は、30代の飲酒歴を書いていきます。

 

興味のある方は、ぜひ読みに来てください!

興味のない方は、スルーでお願いします!

 

あなたも自分の飲酒歴を振り返ってみては?

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

 

それでは、この辺で。

 

以上、『ブログ筆者の飲酒歴!デビュー編!やっぱ勝負はこうでなくちゃいかん』でした。

 

あわせて読みたい
断酒、葛藤、卒酒編!ブログ筆者の飲酒歴!ここは絶対にやらん!!
『あなたは、節酒や断酒をしたことがありますか?』 この記事は、私、仙道([email protected])の節酒や断酒、卒酒の経験を書いている記事です。 ご覧くださり、...

 

 

自己紹介
自己紹介
この記事を書いた人
仙道

 
せんどう と申します。

読者の方々のお役に立てる記事、何かのきっかけになるような記事を発信できるサイトにしていきたいです。

今後ともよろしくお願いします。

仙道をフォローする
 

記事のシェアをぜひ!よろしくお願いします。

仙道をフォローする
   

【熟成にんにく卵黄 黒の力】

30日間熟成の黒にんにくと、平飼い鶏の有精卵の卵黄で作られています。

全額返金制度がついているので、あなたも1度ためしてみませんか?

詳しくは、下の専門サイトへ!

仙道ブログ

 

 

ランキング参加中、ぜひ応援をよろしくお願いします!